読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筑前黒田武士の江戸日記

~毎月第1土曜日更新~

vol.04 筑前のシンデレラボーイ

 『秋月記』読了を機に、秋月藩の記録である「秋城御年譜」(『甘木市史資料』近世編第1集)を読んでみた。今まで見過ごしていた史料だが、福岡藩関係者の記述も結構あり、自分の先祖の名前も出てきて俄然おもしろくなったが、なかでも目に留まったのは「御本家御家中 加藤市太夫様」が秋月藩主黒田長軌の末期養子になるくだりだ。 

 正徳5年(1715)、当時19歳の加藤市太夫は「御従弟違之御続」として白羽の矢を立てられ、秋月藩中老をはじめ「三・四千石位之御供廻」を従えて江戸に向かっている。市太夫は加藤姓だが福岡藩家老野村家の子で、祖母が秋月藩祖の娘。重臣の家とはいえ、藩士の次男坊から一城の主とは華麗な転身だ。江戸で新藩主に就任した市太夫あらため黒田長治(後に長貞)が帰国の後、実家の野村家を訪れたことも記録されていたが、立場の変わった家族の心境はどんなものだったのだろう。

 一方で「御年譜」には、逆に秋月藩主の御子息が福岡藩士の養子となっている事例もあった。文化13年(1816)の項に「梅太郎様御事、吉田斎之助養子にて福岡占部忠太夫え御養子」とある。占部家は家禄600石の福岡藩士。5万石の大名家との差は歴然としている。秋月藩家老の家を経由させてはいても、生まれ育ちは殿様の家。そんな若君を迎えたこちらの家族の想いにも興味がわく。

 身分社会とはいえ、家を継ぐ人を探すにしても、継ぐ家を探すにしても、ある程度柔軟な判断があったようで、意外感がある。ちなみに「梅太郎様」の養子入りと同年の項に「主殿様、福岡郡九左衛門(福岡藩中老)え御養子」との記述もあるが、翌年の項には「郡平馬(=主殿様)異躰、同夕出奔」という展開に。大名諸侯ではなく家来筋の家。当の本人にしてみれば、なかなか柔軟には割り切れないということなのだろうか(?)。