筑前黒田武士の江戸日記

~毎月第1土曜日更新~

vol.08 神田神保町の古書店街

 先日、神田神保町の古書店で、福岡藩家老吉田家の記録史料である『吉田家伝録』全3巻を購入した。しめて2万8千円。先週放送の「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)で「世界一の古書店街」と紹介された神田神保町では、福岡藩関係の古書を見つける機会も多い。

 「アド街」にも登場した大屋書房さんには、だいぶ前から福岡藩江戸屋敷の泥絵が売られている。黒い冠木門とそれに続く海鼠壁の長屋、富士山を背にした雄大な屋敷構えは、福岡市博物館所蔵の「霞ヶ関登城図」と似たような図柄で、落款も同じく「司馬口雲」。折り目がついてしまっているのが気になるが、それでもお値段は88万円。さすがは西国の雄藩とも言えようか。

 webで在庫を検索可能なものもあり、キーワードを入力すると、神保町に存在する関連古書を見つけ出すことができる(http://jimbou.info/)。黒田家の筑前入封当初の居城である「名嶋城」で検索してみたら、東城書店さんで「(筑前)名嶋城図」がヒットした。お値段18万9千円。どんなものなのか興味がわくが、残念ながら土日休業なので現物は確認未済である。

 以前、福岡城の御殿を写した古写真を見つけたこともある(薄くて殆どよく見えなかったが)。根気よく探していけば、福岡藩関係のお宝も埋もれているかもしれない。神田神保町、魅力的な街である。