筑前黒田武士の江戸日記

~奇数月の第1土曜日に更新~

vol.13 湯島聖堂

f:id:kan-emon1575:20131014194853j:plain

所在地】東京都文京区湯島1-4-25

【関連サイト】http://www.seido.or.jp/ 

 

 青く光る大成殿。この幻想的な光景は、千代田区のイベント(「はしまつり」)で期間限定のライトアップが行われたもの。湯島聖堂は、元禄3年(1690)に林大学頭(林鳳岡)の私塾として当地に開設され、後には昌平坂学問所として官立の学校となったところで、各藩の藩士の入学も認められていたそうだ。

 『新訂黒田家譜』(第5巻)に、文化8年(1811)2月の釈奠(せきてん)の折り、福岡藩黒田斉清が「自ら聖堂に詣で、大成殿を拝し、太刀馬代銀三枚を献じ給ふ」旨の記述を見つけた。関東大震災による焼失後、斉清の訪問時と同様の姿に再建されたのが現在の大成殿。当時17歳の若い殿様が訪れた日の様子が目に浮かぶ

 家譜の同年の項には、林大学頭(林述斎)が福岡藩領内を通行の際(対馬での朝鮮通信使応接のため)、道案内を担当した高浜次太夫が「狂病を発し下人を斬り殺し、別にまた手負せて自殺」したという事件も記録されていた。このとき騒動の陳謝のため駆けつけた福岡藩の使者竹中半助に対し、大学頭は「思いよらざる厚意にて遠路を遣われしを謝し」、「次太夫が罪とならざる様にせらるべし」との気遣い。人を思い遣る、儒教の「仁」の精神、といったところだろうか。下人は気の毒だが。

(2013年10月訪問)

 

f:id:kan-emon1575:20131201140116j:plain

日中の風景。ライトアップ時とはまた雰囲気が違う。(以下2013年12月撮影)

 

f:id:kan-emon1575:20131201134448j:plain

屋根の上にはシャチホコに似た神魚「鬼犾頭(きぎんとう)」。さらにその下には、霊獣「鬼龍子(きりゅうし)」が、聖堂を守るべく睨みをきかせている。