筑前黒田武士の江戸日記

~奇数月の第1土曜日に更新~

vol.21 長浜の官兵衛博覧会

f:id:kan-emon1575:20140512105030j:plain

【所在地】 滋賀県長浜市公園町10-10(歴史館)

     同市木之本町木之本1118(大河ドラマ館)     

【関連サイト】https://www.city.nagahama.shiga.jp/section/rekihaku/

                         

  豊臣秀吉の出世城、長浜城。ここで「黒田官兵衛博覧会」なるものが開催されていることを知り、訪ねてみた。模擬天守内(長浜城歴史博物館)での大河ドラマにちなんだ企画展であり、「博覧会」とは少し大げさな感じもするが、官兵衛を盛り上げてくれるのは有難い気持ちにもなる。

 長浜から北陸本線で15分。木之本では「官兵衛博」の別会場として、滋賀銀行の旧建築が「大河ドラマ館」となっており、こちらにも行ってみた。木之本は北国街道の宿場町で、古い家並みも残っていてなかなか趣があるが、実は黒田家ゆかりの地。近江源氏の末裔とされる黒田家は、備前に来る前はこの地に在住していたともいわれ、当時の屋敷跡と伝わる現在の黒田地区には、黒田長成侯爵が建てた「黒田氏旧縁之地」碑がある。

 碑の建つ公園には町の集会所があって、地元の方の手作りによる黒田家関係の展示もあった。そこにいた方が親切にいろいろ説明してくれたが、なんと前日に黒田家の現当主の方も来られた由。なんでも、ここ木之本で「黒田家サミット」と銘打ったイベントが行われ、現代の殿様も出席されて大いに盛り上がったようだ。知っていれば、1日予定を早めてイベントを見てみたかったところだが。

(2014年5月訪問)

 

f:id:kan-emon1575:20140512121500j:plain

木之本の大河ドラマ館。こちらはNHKの番組宣伝が中心だが、長浜城の歴史館のほうは秀吉関係の展示が多かった。あくまで秀吉の城なので致し方ないか。

 

f:id:kan-emon1575:20140512114809j:plain

司馬遼太郎さんも『播磨灘物語』で旅の思い出を語っている黒田家屋敷跡。「旧縁之地」碑そばの解説は「平成二十五年記」とあったが、大河ドラマ決定で改めて注目されたのかもしれない。