読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筑前黒田武士の江戸日記

~毎月第1土曜日更新~

vol.22 秋月記

 日経新聞の土曜夕刊に連載の「文学周遊」。先週のお題は葉室麟氏の『秋月記』だった。文学作品とその舞台を紹介するコーナーである。直木賞受賞作品である『蜩ノ記』が映画化されるとあって、同氏の作品が改めて注目されているのかもしれないが、黒田家ゆかりの町である秋月のPRにもなりそうだ。

 秋月をはじめて訪れたのは、少年時代の夏休みで、祖父と九州へ旅行の折りに、父親の転勤で福岡に引っ越していた小学校の同級生と再会し、ふたりで秋月城址秋月郷土館などを見て回った思い出がある。支藩であるから本藩の福岡と比べれば格段に小さな城下町で、むしろ山村のような雰囲気もあるが、そんなのどかさの中にも、雅さや武士の気風のようなものも感じられて、魅力的なところである。

 一般公開がはじまった久野邸福岡藩家老久野家の一族)を見ようと、久しぶりに秋月を訪れたのは4年前。その後、田代邸福岡藩大組田代家の一族)も修復工事を終えて公開されており、見に行きたいと思っている。武家屋敷の整備が進んだ城下町秋月。秋月藩を舞台にした葉室小説を思い出しながら改めて訪ねてると、また違った感慨にも浸れそうだ。