筑前黒田武士の江戸日記

~奇数月の第1土曜日に更新~

vol.30 豊後富来城の戦い

 ちょうど1年前(5/3)になる「vol.18 黒田兵庫助」で、慶長5年(1600)の黒田如水による豊後富来城攻めに触れたが、籠城兵の夜討ちを受けたとされる「黒田兵庫」について、「兵庫助の孫の政一?」と補足を入れていた。如水の実弟黒田兵庫助利高は、事典等で「文禄5年(1596)に病死」とされているので、「兵庫」を名乗った孫ではと考えたのである。しかしその享年は43。年齢的に無理はないか気にはなってはいた。

 興味深い史料を見つけたのは、昨年発刊の『新修 福岡市史』資料編・近世2。18世紀の編纂とされる「増益黒田家臣伝」、黒田兵庫助利高の項を見ると、兵庫助の孫については、如水の孫である黒田忠之の治世で「十歳より内の幼年」とあり、この点、私の推測は誤りであったようだ。では夜討ちを受けたのは兵庫助利高かと思いきや、「此事(夜討ちの件)兵庫子孫に尋しに、諸抄は誤りなるべし」との記述。「兵庫は慶長五年豊後陣のころは病気保養として上方へありて」を理由としているが、文禄5年死亡説も疑問となる内容である。夜討ちを受けたのは誰なのか、そもそも夜討ちはあったのか、何ともモヤモヤ感が残る。

 『国東町史』所収の「豊城世譜 坤」(著者は杵築藩士)には、「藤井九左衛門を大将として、究竟の勇士三百人城戸を開き、先陣黒田兵庫の陣へ夜討、寄手厳しく防戦すといえども、不意の事ゆえ数多く討たれ」と具体的な記録が書き残されているが、黒田家の正史ともいうべき「黒田家譜」においても、「兵庫助殿陣所を夜討をかけ、味方を驚かし候事、憎き事にて」として、降伏した籠城兵を「一人も残らず、なで切りに仕り候はん」と母里太兵衛が激高したとする記述が見られる。「誤りなるべし」とする子孫の主張の真偽を確かめるには、まず兵庫助の没年を正確に裏付ける史料が必要かもしれない。

 ちなみに、籠城兵の皆殺しを主張する母里太兵衛を笑って制したのは、黒田如水だそうだ。如水いわく、「敵は味方を苦しめ、味方は敵を悩ますは、いくさの定法なり」(「豊城世譜 坤」)。藤井九左衛門(城主垣見一直夫人の弟)、月成忠左衛門ら7名は如水の先鋒に加わり、藤井家は大組、月成家は中老として幕末まで続いている。「敵を殺さず活かす」という如水を描いていた昨年の大河ドラマ軍師 官兵衛」で、いかにも使えそうなエピソードではあったのだが。 

 

f:id:kan-emon1575:20090820120422j:plain

手前の丘陵地が富来城跡。三浦梅園が城跡を訪ねた際に詠んだという歌碑が建っている。(2009年8月撮影) 

 

f:id:kan-emon1575:20090820121457j:plain

富来城の戦いには、宮本武蔵が黒田勢として参戦していたとも言われる。2003年の大河ドラマ武蔵 MUSASHI」では、そのシーンが登場して、当地でも話題になったようだ。