読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筑前黒田武士の江戸日記

~毎月第1土曜日更新~

vol.32 薩摩と筑前

 以前に書いたブログで、先日コメントをいただいた(vol.02 小説のなかの黒田武士)。東京在住の私にとって、福岡藩関係の情報をいただけることは大変有難い。篤姫付の年寄幾島の出自に関するご意見だが、黒田長溥の実家である薩摩藩との関係で、福岡藩の歴史を掘り下げてみるのも面白いかもしれない。 

 幕末の薩摩藩で起きた「お由羅騒動」は、50名以上が死罪を含む処分を受けた御家騒動だが、島津斉彬の大叔父(年齢では2歳年上)にあたる黒田長溥は、政争に敗れて薩摩を脱出してきた斉彬派の人たちを庇護し、薩摩藩からの引渡要求にも応じなかったという。福岡藩にとっても一大事件であったろうこの出来事も、両藩の因縁浅からぬことを物語るものと言える。

 脱出組の藤井良節(井上出雲守)は、薩摩藩からの捕り手の追跡を逃れ、福岡藩の手配により馬廻組の天野右仲邸に匿われたらしいが(『従二位黒田長溥公伝』)、私の高祖父は天野右仲の次男。当家の養子になるのは翌々年の嘉永5年(1852)であるから、思わぬ珍客を迎え入れる場に居合わせたはずである。12歳の少年だった高祖父の目には、どのように映ったのだろうか。緊迫した当時の状況を、いろいろ想像してしまう。

 『鹿児島県史料』には、膨大な量の薩摩藩史料が掲載されているが、目次をたどると福岡藩に関係のあるタイトルも目につく。冊数も相当なものだが、今一度、じっくり読み込んでいくと、また新しい発見に出会えそうだ。