筑前黒田武士の江戸日記

~毎月第1土曜日更新~

vol.11 福岡城

f:id:kan-emon1575:20130831112454j:plain

【所在地】 福岡県福岡市中央区城内

【関連サイト】http://fukuokajyo.com/ 

 

 福岡城の南丸多聞櫓が期間限定で内部公開されていることを知り、公開最終日に急遽福岡へ行くことにした。嘉永7年(1854)の建替事業に自分の先祖が関わっていたようなので、是非とも見てみたいという衝動にかられた。

 この日はちょうど「明治維新と黒田藩」という、何とも興味をそそられる講演(福岡城市民の会主催)もあって、非常に楽しみにしながら2年ぶりに福岡にやって来たのだが、なんと「台風接近のため」との理由で、講演、多聞櫓公開ともに中止。これは痛恨の極みだった。台風は温帯低気圧に変わり、風もなく雨も止んでいるのは皮肉だが、一方で時間ができた分、久しぶりの福岡城内散策をゆっくりと堪能することができた。

 下之橋御門のそばに立つと、石垣に囲まれて景観を損ねるものがなく、タイムスリップしたような感覚になり、ありし日の黒田武士の登城風景が目に浮かぶ。地元では天守閣の建造を望む声もあるらしいが、想像の建物を城址に取り込むことには、個人的には抵抗感がある。むしろ崇福寺に移築された花見櫓・月見櫓(潮見櫓説が有力らしいが)・本丸表門が旧位置に戻ってくれると、往時の「舞鶴城」が蘇るようで嬉しいのだが。

(2013年8月訪問)

 

f:id:kan-emon1575:20130831112138j:plain

県指定有形文化財の下之橋御門。はじめて祖父に連れてきてもらった頃は門の部分だけだったが、現在では渡り櫓が復元されていて、より城郭らしくなった。

 

f:id:kan-emon1575:20130831103724j:plain

国指定重要文化財の南丸多聞櫓。伝潮見櫓(最上部の写真/県指定有形文化財)や祈念櫓(市指定有形文化財)とともに、「舞鶴城」の別称を持つ美麗な城の面影を伝えている。